仮想通貨大暴落を事前に示唆していたテスラ株?


仮想通貨大暴落を事前に示唆していたテスラ株?

2021年5月20日日経夕刊に『仮想通貨 負の連鎖に警戒』が掲載されている。

『19日のニューヨーク市場の最大の話題は暗号資産(仮想通貨)の乱高下だった。ビットコインは一時、前日比30%も下落し、イーサリアムは40%超の急落に。取引障害が相次ぐなど禍根も残した。米国株全体への打撃は限られたが、ビットコインとの関連が深いテスラ株は5%以上下落する場面があった。

米東部時間19日午前9時ごろ、仮想通貨市場に今年最大といって過言ではない激震が走った。ビットコインなどの価格は数時間前から大きく下落していたが、雪崩を打ったように投げ売りが増え、1分で価格が5~10%も動くような極端な相場となった。米コインベースやバイナンス、日本のビットフライヤーなど主要な交換業者は接続障害が起こり一時的に取引不能となった。1~2時間で障害は復旧したが、乱高下時に多くの投資家が取引の機会を失った。仮想通貨は全体の時価総額が数日前に2兆ドル(約220兆円)を超えていた巨大市場。その市場が突如機能停止するという構造的なもろさがあらわになった。

「ダイヤモンドハンドを持っている」。テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)はビットコインが下げ幅を縮小する中で、ツイッターに投稿した。ダイヤモンドハンドとは一度買った資産をしっかり保有し続けること。SNS(交流サイト)上で、絵文字を使って表現するのが流行語になっている。マスク氏自身、先週来ビットコインの相場を乱してきた。12日には環境負荷を理由にテスラ車のビットコインでの決済停止を表明。16日にはテスラが持つビットコイン売却の可能性を示唆したとも受け取れるツイートで物議を醸した。のちに売却を否定したがビットコイン価格はこの数日で大きく下落。「ダイヤモンドハンド」には火消しの狙いもあったのだろう。

電気自動車と仮想通貨。本来は直接的なつながりはないが、マスク氏はかねて仮想通貨投資に前のめりな発言を続けてきた。著名債券投資家のジェフリー・ガンドラック氏は「最近に限ったことではないが、テスラとビットコインの値動きは非常によく似ている」と指摘する。たしかに両者は昨年終盤の高騰局面から並行して動く日が多い。19日もテスラ株はアップルなど主力株よりもビットコインによく連動していた。昨年躍進した上場投資信託(ETF)の「アーク・イノベーション」も同様だ。組み入れ筆頭銘柄がテスラであるほか、スクエアやコインベースなど仮想通貨と関連の深い企業の株を多く持つ。運用責任者のキャシー・ウッド氏は19日、ビットコインが将来50万ドルになるとの強気予想を保っていると米テレビで説明した。

だが仮想通貨の脆弱性が今後、金融市場全体の需給を乱すリスクは軽視できない。』

「ビットコイン」は5月23日安値31192ドルまで下げ、4月13日の史上最高値63633ドルからは-51%の大暴落となっている。大暴落のきっかけは、2021年5月6日、米公聴会でゲンスラーSEC委員長が暗号資産取引所の規制強化を発言、5月20日に財務省が1万ドル以上の暗号資産を送金する場合に内国歳入庁(IRS)への報告を義務付ける案を示し、米連邦準備理事会(FRB)は暗号資産が金融安定に潜在的なリスクをもたらす可能性に言及。さらに、中国でも5月18日付けで、中国銀行業協会が金融機関に対し19日までに暗号資産の関連業務禁止を通知、5月21日には中国の金融安定発展委員会が投機や金融リスクの防止に向け、ビットコインのマイニングや取引を取り締まる方針を示し、同委員会の委員長を務める劉鶴副首相が規制を強化する必要がある資産としてビットコインを挙げた。中国当局が17年末頃から仮想通貨の規制を一層強化するなか、18年1
月19日に中国人民銀行(中央銀行)が全取引の中止を命じる規制強化を発表して当時、仮想通貨は大暴落をして第一次バブルは終焉したが、今回も当局の規制強化で第二次仮想通貨バブルは終了しそうである。

記事ではビットコインとテスラ株の連動性を指摘しているが、検証すると、テスラ株は19年6月安値35ドルから史上最高値21年1月900ドルまで25.7倍に上昇したが、2020年は急騰するテスラ株をビットコインが追いかけるかたちで連動。その後、テスラ株は3月安値539ドルまで-40%下落しており、今回のビットコインの大暴落を先導するかのような動きを示している。テスラ株とビットコインの値動きが似ているかのようにみえるのは上昇過程では単に投機筋がテスラ株からビットコインへ資金移動、下落過程ではテスラ株の大暴落を受けてビットコインを売却する必要があっただけなのではないだろうか。

テスラ株とビットコインの連動性が強まったのは、2021年2月、テスラが15億ドル(約1640億円)相当のビットコインを購入したことから始まり、3月にテスラが車購入にビットコイン決済受け入れると発表したことで、暴落していたテスラ株は3月安値539ドルから4月16日780ドルまでリバウンドしている。だが5月12日、テスラが車購入でのビットコイン決済を停止したことで再び5月19日安値546ドルまで下落、3月の安値に首の皮一枚のところで踏みとどまっている。この3月安値を割り込むようだとさらに大きく下落する可能性があるため注意が必要だろう。仮に、テスラ株にそのような下落が起きた場合、それはビットコインもその後、更なる下落に発展する可能性を意味することになる。市場関係者にはビットコインの暴落は株式市場に関係ないとの意見が多いが、それはビットコインと株式市場の分析を疎かにしているためなのではないだろうか。5月22日のセミナーではそのポイントを詳しく分析したが、2018年を振り返るだけでもビットコインの重要性が理解できるのではないだろうか。