塚澤健二著「そして大恐慌が仕組まれる」のご案内

塚澤健二著「そして大恐慌が仕組まれる」のご案内です。

2012年の世界経済は大変な危機を迎える。著者は2月~3月にアメリカで大胆な通貨問題が発生するのではないかと予測する。ただこれらは事前に協議された恐慌状態へのステップでもあると断じる。2011年を顧みてもギリシャに端をなすユーロ危機も、結局終息に向かいつつある。そうした中、右往左往する日本人、特に投資家に向けて、2012年の経済の行方を大胆に論じるのが本書である。

■購入はこちらです。

塚澤健二「そして大恐慌が仕組まれる」
Amazon.co.jp

515rYVTVpWL._SX298_BO1,204,203,200_

塚澤健二プロフィール

北海道大学工学部卒。理系出身アナリスト第一期アナリストとして日興リサーチセンター、ジャーデンフレミング証券、JPモルガン証券で、23年間にわたりトップアナリストとして勤務。07年10月に独立し、世の中にない独自の予測モデル「T2」による的確な予測を提供して人気を集めている。
2000年からの専門店・ITバブルの崩壊、01年からの金の暴落、08年のリーマン・ショックを07年2月に予告した他、12年11月からのアベノミクス上昇相場と13年5月に起きた「世紀の大暴落」、さらに、今回原油大暴落も14年6月のコラム、14年10月のセミナーで予告した。
現在、会員向けに情報提供する他、船井幸雄のグループ会社船井メディアでインターネットラーニング「生活防衛の教室」を始め、4年目を迎える。著書は「そして大恐慌が仕組まれる」「そして偽装経済の崩壊が仕組まれる」(ビジネス社)など。