速報!予測的中:本日の急落は先週、今週、T2経済レポートでズバリ予測!

スクリーンショット 2019-08-02 12.38.13

速報!予測的中:本日の急落は先週、今週、T2経済レポートでズバリ予測!

塚澤先生が予測ズバリ的中!

本日の日経平均午前終値は509円安の21,031円!

先日のKADOKAWA出版記念セミナーでは
「7月中旬~8月中旬の急落調整」と講演され

先週、今週の「今週のT2経済レポート」でも
今週が「急落調整」と警告されておりました!!

また、「今週のT2経済レポート」のグラフは先週から
急落を示すグラフを指し示しておりました・・・

先週の「今週のT2レポート Vol.42」の中では
==========
ただ、来週(7/29~8/2)の相場を占う7月19日週が-54.1%と3週間振りにマイナス圏、
かつ下限ゾーンへ一気に下落していることから急落調整に警戒が必要です。
また、『日経平均とのほぼ一致指標である「買い(レーティング1と2)」-「売り(レーティング3と4)」銘柄比率』が
7月12日週+28.6%とプラス幅を拡大して順調に上昇していましたが、
7月19日週-21.4%と3週間振りに一気にマイナス圏に急落していることも急落を示唆しています。
今週は21日の参議院選挙結果を受けて予告通りに上昇するようであれば利益確定をすることをお薦めします。
==========

また、今週の「今週のT2レポートVol.43」では
==========
今週は急落調整に警戒が必要な週となりそうです。
今週(7/29~8/2)の相場を占う『RU-RD指標』は7月19日週が-54.1%と3週間振りにマイナス圏、
かつ下限ゾーンへ一気に下落していることから急落調整に警戒が必要な週です。
(省略)
今週は7月30-31日開催予定のFOMCと2日米7月雇用統計が注目されますが、
どちらの材料によってかはわかりませんがT2は急落調整を示唆しており
、仮に予告通りに急落調整した場合は投資チャンスとなります。
==========

ここまで時期も価格も予測できた人はいないと思います!
さすが塚澤先生!

令和に入り7日連続1,200円幅の急落を的中!など

塚澤先生の予測がズバズバ的中しております・・・

実は今回の予測はここでは終わってません!!

「今週のT2レポート」をご購入の方は
もう準備ができていますね!!

ここまでの的中を考えると、この後の予測もズバリ的中ですね!!

今回の急落を予測できなかった8~9割の市場関係者が
今後、声を揃えてあの予測を出し始めると・・・

塚澤先生の予測を聞いている塚澤塾.comの会員さまには
最高の合図!となりますね!

タイミングはバッチリ!

「今週のT2経済レポート」ご購読者されていない方!
今がご購読のチャンスです!

一緒に最高の合図をものにしませんか?

以下のURLから今すぐご覧ください!
======================
「塚澤先生の今週のT2経済レポート」
毎週月曜日(原則)4回/月配信
(PDFファイルのアクセスURLつきメールにて配信)

お申し込みは

■ 今週のT2経済レポート

======================

★★★感謝!多くのお客様の声が寄せられてます!

日経平均、令和に入ってからの続落!!に続き
乱高下が続いておりますね!

そんな中、
「今週のT2経済レポート」ご購入の皆さま、
塚澤.comご愛用の皆さまから
続々と感謝の声が寄せられてます!!

★お客様の声★一部ご紹介いたします!

ーーーーー

・ゴールデンウィーク後の予測素晴らしいです。
連休前に売っておき助かりました(Kさま)

・塚澤先生のおかげで経済、景気動向の見立てに自信が持てるようになり、
ETFはもちろんのこと個別銘柄でも高い勝率を出すことができています。
塚澤先生の教えを守りETFはそれなりの資金を投入して中期投資してます。(Aさま)

・いつも大変貴重な情報をありがとうございます。
おかげさまで余裕を持った取引ができるようになり、
これからの激動も味方につけれらそうです。(Tさま)

・驚異の的中率 安心して投資ができます。(Sさま)

・益々、的中率アップですね!(kさま)

・いつも大変参考になる情報をありがとうございます!(Mさま)

・いつも参考にさせていただいております。感謝いたします。(Oさま)

・2016年の、未来からの警告、以来読ませてもらっています。
近未来予想者になってきました感があります。(Hさま)

・いつもありがとうございます。重宝しております。(Yさま)

ーーーーー

感謝の声をいただきました皆さま本当にありがとうございました。

「今週のT2経済レポート」のすごさを
まだまだご購読されていない皆さまにお伝えできていない
自分に喝を入れて多くの方にこの素晴らしいレポートが
届きますよう努力してまいります!

今後とも末長くよろしくお願いいたします!

こんな急落、乱高下を市場関係者の誰が予測できたでしょう。
唯一無二の市場モデルT2であり、
アナリストであることを
塚澤先生、今回も証明されました!