速報!日経平均23,000円割れ:塚澤先生からの特別動画お届けします!

速報!日経平均2,300円割れ:塚澤先生からの特別動画お届けします!

1月6日に塚澤先生と撮影した動画を編集していたところ
本日の日経平均が23,000円割れ!

またしても的中率83%の塚澤先生!
動画撮影中に予測した
方向に大きく動き出しました!

「今週のT2経済レポート」会員の方は
12月からの先生の予測通りに動いているので
かなり準備ができていたのではないでしょうか!

今週配信の「2020年1月3日号」の情報も
ご覧になっているので今後の準備も万全ですね!

取り急ぎ
編集途中ですが切り出した動画をご覧ください!

========================
特別に今週(1月8日〜10日まで)お申し込みの方には
この先の未来予測されている
今週号(1月6日配信したT2 経済レポート 2020年1月3日号)を
配信させていただきます!

※申し込みの備考に「1月3日号から希望」と記載ください。

お申し込みは

http://tsukazawa.com/prodact-t2w-re/

========================

1月6日月曜日の速報でお伝えしたグラフです。

大発会の日経平均、一時500円超下げ
最終336円86銭安い2万3319円76銭!

スクリーンショット 2020-01-06 17.01.04

実は「今週の T2 経済レポート」は直近2週間先の
予測がグラフとレポートで示されています。

■「今週の T2 経済レポート 2019年12月27日号」から抜粋
====================

<今週のマーケットの見通し>

来週(1/6~1/10)の相場を占う 12 月 27 日週が-33.3%と実 質 4 週間振りにマイナス圏に陥ったことで急落調整の可能性が出てきています。何度も指摘してき たように、2019 年 11 月 11 日週~25 日週が 3 週連続マイナス圏に陥ったことは今後の相場をみる 上で重く考えておく必要があります。

〜中略〜

以前から『2020 年 1 月は 2018 年 1 月のような 1 月となることを想定しておいた方が良 い』と指摘してきましたが、先ずは同指標が上限ゾーンの連続突破が途切れた時に同様なことが起 きるのかが注目されます。

====================

実は今回の予測はここでは終わってません!!
レポートやデータの活かし方は
継続的なデータの分析と
「先行指標の変化点」を捉えることですね!

昨年の年度末に向けて方向性が定まらない
状況と塚澤先生が言っておりましたが
いよいよ動き出しました。

ここからどこまで、いつまで下がり
次の上昇気流に乗れるか!

今後も「今週の T2 経済レポート」から
目が離せません!

「今週のT2経済レポート」ご購読者されていない方!
今がご購読のチャンスです!

一緒に最高の「変化点」をものにしませんか?

特別に今週(1月8日〜10日まで)お申し込みの方には
この先の未来予測されている
今週号(1月6日配信したT2 経済レポート 2020年1月3日号)から
配信させていただきます!
※申し込みの備考に「1月3日号から希望」と記載ください。

以下のURLから今すぐご覧ください!
======================
「塚澤先生の今週のT2経済レポート」
毎週月曜日(原則)4回/月配信
(PDFファイルのアクセスURLつきメールにて配信)

お申し込みは

http://tsukazawa.com/prodact-t2w-re/

======================