塚澤.com最新ニュース

Home » 「米住宅バブル波乱の予兆」?

「米住宅バブル波乱の予兆」?


「米住宅バブル波乱の予兆」?

2022年4月4日日経新聞に『米住宅バブル波乱の予兆~金利28年ぶり上昇ピッチ』が報道されている。

『新型コロナウイルス下で歴史的な活況を呈してきた米住宅市場に異変が生じている。米連邦準備理事会(FRB)の金融引き締め開始で住宅ローン金利が急上昇し、販売にブレーキがかかり始めた。物件の値上がりを前提とした個人の資金調達が急増するなど過去の住宅バブルを想起させる動きも出るなか、住宅発の金融システム不安が広がる「いつか来た道」への懸念がくすぶる。

「3%の住宅ローン金利なら家を買えていた人が4%になって買えなくなった」。全米不動産協会(NAR)のチーフエコノミスト、ローレンス・ユン氏が潮目の変化を語る。30年固定の住宅ローン金利は3月31日までの週平均で4.67%まで上がり、3年3カ月ぶりの高水準を記録した。より注目すべきは上昇ピッチの速さだ。過去3カ月間の上げ幅は1.56%と28年ぶりの大きさになった。金利上昇は住宅需要に直接響く。2月の中古住宅販売件数は前月比7.2%減と1年ぶりの落ち込み幅になり、新築戸建て販売にも陰りがみえる。「住宅市場は急速に冷え込み、販売は年央にかけて20~30%減る方向だ」(調査会社パンテオン・マクロエコノミクスのイアン・シェファードソン氏)

米住宅市場はコロナ後に過熱感を強めてきた。S&Pケース・シラー住宅価格指数(全米)はここ数カ月、前年同月比で2割近い伸びを続け、リーマン・ショック前の住宅バブルのピークだった2005年(14%台)をはるかに上回る。背景には米政府の家計支援策や人々の住宅嗜好の変化、供給制約が招く人件費・資材費の高騰など様々な要因がある。さらにFRBの大規模な金融緩和が果たした役割も大きい。ゼロ金利政策に加え、量的緩和の一環で住宅ローン担保証券(MBS)を大量に買い続けてきたことが住宅需要を強く刺激した。 価格の高騰で住宅の含み益を活用した人々の資金調達が活発になり、バブルに拍車をかけた面もある。「自宅のエクイティ(純資産)を現金化して有効活用を」。米国の銀行やノンバンクのホームページにはこんな宣伝があふれる。頭金と住宅ローンで購入した住宅の市場価格が上昇した場合、物件の担保価値も上がるため、ローンの借り換えでより多額のお金を借りるよう勧誘しているのだ。「キャッシュアウト・リファイナンス」と呼ぶ手法で、住宅の含み益部分をすぐに現金として使える利点がある。調査会社ブラックナイトによると、住宅保有者は21年10~12月期にこうした手法で800億ドル(約9.8兆円)の現金を引き出した。2年前から倍増し、リーマン危機前の住宅バブル期以来の規模に膨らんでいる。手にしたお金で別の物件を買い、その値上がり益も活用する「ミニ不動産王」が各地で出現していると米メディアは伝える。金融機関側も通常の住宅ローンより高い金利に引かれ融資に前のめりだった。』

この記事で注目すべきは「キャッシュアウト・リファイナンス」で、『住宅保有者は21年10~12月期にこうした手法で800億ドル(約9.8兆円)の現金を引き出した。2年前から倍増し、リーマン危機前の住宅バブル期以来の規模に膨らんでいる。』の指摘である。そして、それを支えているのが約20%で上昇を加速する米住宅価格。実は、過去、米住宅価格は住宅着工戸数と連動していたが、20年後半から住宅着工と乖離しながら急上昇している。この急上昇する米住宅価格と連動しているのがNYダウで、つまり、コロナショックで大量に供給されたマネーが株価と同様に、住宅価格を押し上げた実態が浮かび上がる。つまり、膨らむ「キャッシュアウト・リファイナンス」はマネー供給の結果なのである。

この記事では、「リーマン危機前の住宅バブル期以来の規模」と「キャッシュアウト・リファイナンス」に警鐘を鳴らしたいようだが、米住宅価格と「キャッシュアウト・リファイナンス」の規模を比較するとさほど問題はないのではと思われる。何故なら、米住宅価格は22年1月289.73と、リーマンショック前のピークである06年7月206.52の1.4倍に上昇しているのに対し、「キャッシュアウト・リファイナンス」を下回っているからである。現状はまだ借り入れに余裕がある水準と言えるのではないだろうか。

ただ、注意しなければいけないのは、この米住宅価格が下落するときである。FRBの目下の最優先課題はインフレ退治だが、個人消費支出(PCE)物価指数に占める住宅サービスの割合は15%を占め、消費者物価指数(CPI)ではより大きな比重を占める。つまり、住宅価格や家賃の高騰が続けば高インフレ定着を防ぐことが難しくなる。仮に、インフレ退治を優先すると米株とともに、住宅価格も下落し、そして、それはローンの返済に行き詰まる個人が続出することを意味する。現在の米住宅価格の急上昇は住宅需要が強いという経済的理由というよりは、米株と同様、マネーで押し上げているだけだからである。

塚澤.comの会員向けサービス
会員向けサービス
会員向けサービス
Tsukazawa.com Premium Contents

塚澤.comの有料会員向けサービス(「今週のT2経済レポート」定期購読のお申し込み)では、T2レポートの配信の他にも様々な会員特典をご用意しております。

無料会員登録をしていただくと、一部会員向けコンテンツの閲覧やメルマガの購読をご利用いただけます。

セミナーのご案内

【受付終了】御礼:8月20日:「生活防衛の教室 2022夏」 Webセミナー終了いたしました。

【受付終了】御礼:5月21日:「生活防衛の教室 2022春」 Webセミナー終了いたしました。

【受付終了】御礼:2月19日:「生活防衛の教室 2022年予測」 Webセミナー終了いたしました。