塚澤.com最新ニュース

Home » 200日移動平均を一時、下回ったナスダック総合株価指数は何を示唆しているのか?

200日移動平均を一時、下回ったナスダック総合株価指数は何を示唆しているのか?


200日移動平均を一時、下回ったナスダック総合株価指数は何を示唆しているのか?

2022年1月15日日経夕刊に『FRB利上げ、軟着陸なるか』が掲載されている。

『米連邦準備理事会(FRB)の過度な金融引き締めが景気後退を招くとの懸念が強まっている。20世紀後半の景気拡大はすべて金融引き締めがつぶしてきた教訓を21世紀に生かせるか。金融引き締め懸念の直撃を受けているのが高いバリュエーション(投資尺度)が目立つハイテク株だ。ナスダック総合株価指数は年初来で5%安。14日は長期的なトレンドを示す200日移動平均を一時、下回った。ハイテク株投資で有名な上場投資信託(ETF)のアーク・イノベーションは2021年2月に付けた上場来高値から5割安い。

FRBが保有資産を縮小する量的引き締め(QT)の前倒し観測が高まっている。今回の株高は新型コロナウイルス対応のバランスシート拡大で始まった以上、縮小開始とともに終わるとのロジックだ。パウエルFRB議長は11日、QTに関して「年後半に始めるだろう」と述べた。同時に決定は今後2~4回の会合で行うとも示唆。額面通りに受け取れば最短2回の会合で決定する可能性がある。1月後半の米連邦公開市場委員会(FOMC)の次となる3月に決まれば、開始は年前半になる可能性が高い。7月決定・8月開始をメインシナリオとする米国野村証券の雨宮愛知氏も「3月や5月決定の前倒しリスクが高まっている」と指摘する。こうした不透明感の高まりは株式市場の変動率を高め、持ち高調整の売り圧力を強める。

(途中省略)

エバコアISIのエド・ハイマン氏は1980年代以降の景気拡大はFRBの金融引き締めによる長短金利の逆転(逆イールド)で幕を閉じたと説明する。戦後最短の20年の景気後退だけはパンデミック(感染症の世界的流行)が要因で、次の景気後退は再び逆イールドがもたらすと懸念する。逆イールドは金融引き締めに経済が耐えられず、それ以上に引き締めが続くと市場が見込む時に表れる。金融機関の経営は不安定となり、融資減少などに伴い景気後退につながる。パウエル氏はFRBが計画する利上げは景気悪化につながらず、経済の軟着陸を想定する。20世紀後半と同じ轍(てつ)を踏まないよう、逆イールドを生まない準備もしているはずだ。』

T-Modelでは、米国株式のバブルを計る一つの指標として『NASDAQ指数/NYダウ』倍率を提示してきた。冒頭の記事にあるように「金融引き締め懸念の直撃を受けているのが高いバリュエーション(投資尺度)が目立つハイテク株だ。ナスダック総合株価指数は年初来で5%安。」と指摘するように、NYダウに比べてナスダック総合株価指数の下落が大きくなることで、同指標は直近22年1月10日週0.41倍と、21年11月15日週0.45倍からはピークアウトの兆しが表われている。

歴史的には、ITバブルの2000年3月0.51倍以来の高水準で、現在がバブルに近い状況であることを示唆しているが、当時は同指標が下落する過程でNASDAQ指数も2000年3月ピーク5048→02年9月ボトム1139まで-77%の大暴落となったことは記憶に新しい。同指標の水準からみると、2000年のような大暴落に発展する可能性は十分にあり、そのシグナルの一つは2021年5月10日週0.39倍を下回ることだろう。

冒頭の記事を読まれて、「あれ?」と思われた生活防衛の教室のリスナーの方も多いかもしれないのは、『戦後最短の20年の景気後退だけはパンデミック(感染症の世界的流行)が要因で、次の景気後退は再び逆イールドがもたらすと懸念する。逆イールドは金融引き締めに経済が耐えられず、それ以上に引き締めが続くと市場が見込む時に表れる。』との指摘で、世間では『逆イールドは金融引き締め』と未だ考えられている証拠だろう。

セミナーや著書で何度も指摘してきたように、T-Modelオリジナルの考え方では、『逆イールドは金融緩和の極み』と真逆の考え方であり、このように多くのの市場関係者とT-Modelの考え方の違いが、間違った金融政策を今後、行せる原動力になるのではないかと考えている。20年のコロナショックで行ったFRBの2度の緊急利下げのようにである。

さらにもう一つ指摘しておかなければならないポイントは、『戦後最短の20年の景気後退だけはパンデミック(感染症の世界的流行)が要因』の指摘で、現在はその20年のボトムから「景気拡大局面」に入っていると考えている点である。T-Modelオリジナルの『イールドスプレッド』の観点では、現在は19年8月の「逆イールド」後の景気後退局面が一服しているだけで、再び、『イールドスプレッド』が21年3月15日週1.58%を超えると、19年8月の「逆イールド」後の景気後退局面が再開すると考えている。つまり、多くのの市場関係者とT-Modelの『イールドスプレッド』の考え方の違いがT-Modelとは異なる金融政策を行う可能性を指摘したが、そのどちらが正しいのかは、今回のバブルが崩壊した後でないと判断はできない。ただ、それを待っていると、パフォーマンスを大きく左右する投資家だけでなく、多くの人々の生活を左右することになるのではないだろうか。それだけ大きなバブル崩壊が待ち受けているからである。

塚澤.comの会員向けサービス
会員向けサービス
会員向けサービス
Tsukazawa.com Premium Contents

塚澤.comの有料会員向けサービス(「今週のT2経済レポート」定期購読のお申し込み)では、T2レポートの配信の他にも様々な会員特典をご用意しております。

無料会員登録をしていただくと、一部会員向けコンテンツの閲覧やメルマガの購読をご利用いただけます。

セミナーのご案内

【受付終了】御礼:8月20日:「生活防衛の教室 2022夏」 Webセミナー終了いたしました。

【受付終了】御礼:5月21日:「生活防衛の教室 2022春」 Webセミナー終了いたしました。

【受付終了】御礼:2月19日:「生活防衛の教室 2022年予測」 Webセミナー終了いたしました。