塚澤.com最新ニュース

Home » 2000年ITバブルと同様に、株式は債券に比べ超割高

2000年ITバブルと同様に、株式は債券に比べ超割高


2000年ITバブルと同様に、株式は債券に比べ超割高

23年10月12日、Yahoo!financeは『The last time US stocks were this pricey relative to the debt market, the S&P 500 crashed 50%(前回米国株が債券市場に比べてこれほど割高になったのはS&P 500が50%暴落した時だった)』を報じている。

『インサイダー独自の調査によると、株価評価はますます膨らみ、調整のリスクが高まっているようだ。特に、その指標の 1 つは、株式と債券市場の相対評価である。世界的な分析プラットフォームKoyfinのデータによると、S&P500指数は今年8月、米国の社債市場を追跡する指数と比較して、ドットコムブームのピーク時に最後に見られた水準まで上昇した。 最近の株価下落にもかかわらず、この指標は依然としてその高値付近を維持している。

最後にこの指標がここまで上昇したのは 2000 年の春で、その後、数年にわたる株価の暴落が続き、2000 年 3 月から 2002 年 10 月の間に S&P 500 は 50% 暴落した。』

教科書的に債券価格と株価の関係を考えると、不景気で株式が下落するときには債券価格は上昇(金利は低下)、一方、好景気は株式が上昇し、債券価格は下落(金利は上昇)する。つまり、債券価格は株価と逆相関の関係があるため、投資ポートフォリオにはリスクの度合いで株式と債券に分散投資している。

米国債券インデックスをNYダウと比較すると、

ITバブル崩壊の時期は、1999年12月11497ドル→2002年9月7591ドルと-34%下落するなか、米国債券は1999年12月1001→2002年9月1276と+27%上昇、

リーマンショックの時期は、2007年10月13930ドル→2009年2月7062ドルと-49%下落するなか、米国債券は2007年10月1670→2009年2月1581と-5%下落、

コロナショックの時期は、2019年12月28538ドル→2020年3月21917ドルと-23%下落するなか、米国債券は2019年12月3243→2020年3月3170と-2%下落と大きく違う。

だが、今回は一回目の下落で、2021年12月36338ドル→2022年9月28726ドルと-21%下落するなか、米国債券は2021年12月3533→2022年9月2973と-16%下落と、債券価格は株価と同様の動きをしている。これまでとは両者の関係は異なってきているが、これは債券も株式と同様、バブルであることを示唆すると同時に、不景気の物価高である「スタグフレーション」を示唆しているのかもしれない。

冒頭の記事が指摘する、「株式/債券の比率」を振り返ると、「NYダウ/債券インデックス」は99年12月11.48倍、22年11月11.82倍と「ITバブル」と同じ水準に達し、一方、「ナスダック/債券インデックス」も2000年2月4.69倍、23年7月4.65倍と「ITバブル」と同じ水準に達している。記事で紹介するS&P500と近い動きは「ナスダック/債券インデックス」に近い。昨年9月をボトムに債券も株式も反発しているが、株式に比べ債券の反発が小さいが、どちらが正しい動きを示しているのか?「株式/債券の比率」がピークを付けるときはバブルがピークの時だが、「実質金利」と逆相関の関係がみることから、いずれ同比率は下落する可能性が高い。それが迫ってきているのである。

塚澤.comの会員向けサービス
会員向けサービス
会員向けサービス
Tsukazawa.com Premium Contents

塚澤.comの有料会員向けサービス(「今週のT2経済レポート」定期購読のお申し込み)では、T2レポートの配信の他にも様々な会員特典をご用意しております。

無料会員登録をしていただくと、一部会員向けコンテンツの閲覧やメルマガの購読をご利用いただけます。

セミナーのご案内

【受付終了】御礼:2月17日:「生活防衛の教室 」2024年予測Webセミナー終了しました。

【受付終了】御礼:11月18日:「生活防衛の教室 」第600回記念Webセミナー終了しました。

【受付終了】御礼:8月19日:「生活防衛の教室 」 Webセミナー2023年夏終了いたしました。

【受付終了】御礼:5月20日:「生活防衛の教室 」 Webセミナー2023年春終了いたしました。