塚澤.com最新ニュース

Home » アマゾンショックと「マネーショート」のバーリ氏の予測

アマゾンショックと「マネーショート」のバーリ氏の予測


アマゾンショックと「マネーショート」のバーリ氏の予測

2022年6月25日日経夕刊に『分水嶺迎えるアマゾン株』が掲載されている。

『ネット通販の米アマゾン・ドット・コムの株価が分水嶺を迎えている。米国の消費を大きく取り込む企業だけに、今後の値動き次第では投資家心理が一段と冷え込む可能性がある。 市場ではアマゾン株への注目が高まっている。ダウ平均と同様に戻りを試す展開となっているが、チャート上で売りサインを示す「ヘッド・アンド・ショルダー」が形成されつつあるとみられているためだ。アマゾン株は6月6日の高値(128.99ドル)を5月17日の高値(115.80ドル)と6月24日の高値(116.71ドル)で挟み、人間の上半身のような軌跡を描いている。直近の「右肩」はここ数日で形成され、6月24日は116.46ドルで終えた。今後再び弱含み「首」の部分にあたる100ドル強の水準に接近する展開になれば「アマゾン株はかなり弱気になる」(ミラー・タバックのマシュー・マリー氏)と分析されている。

アマゾンは米国の消費を支える大企業で、その業績や株価は個人消費の強弱を映し出す。株価が下値模索となれば投資家心理に与える悪影響は大きい。逆に上昇が続けば心理改善に寄与しそうだ。アマゾン株は相場全体にとっても重要な局面にさしかかっている。米国の経済指標は消費意欲の減退を示す。24日発表の6月の米消費者態度指数(確報値)は50.0と速報値(50.2)から下振れし、前月(58.4)から急低下した。統計開始以来で最低となった。歴史的な高インフレに直面し、人々は積極的な消費を控えるようになっている。

(途中略)

消費の先行きに対する市場の目線は厳しい。投資家心理を測る指標の一つとして、アマゾン株の値動きは注視しておいた方がよさそうだ。』

アマゾン株の対NYダウの相対株価は2014年以降の上昇トレンドを直近で割り込み、崩れやすいかたちとなり始めている。その『アマゾン・ショック』をお伝えしたのが、2022/05/02『伸び悩む「巨人」 広がる失望』のT-Modelコラムで、

『29日の相場急落の震源となったのはアマゾン・ドット・コムだ。一時は前日比15.9%下げた。前日夕に発表した22年1~3月期決算で営業利益が前年同期比59%減と市場予想を下回り、失望売りが殺到した。「配送費や人件費などがかさんだ。過剰な人員と設備も重荷だった」。アマゾンのブライアン・オルサブスキー最高財務責任者(CFO)は営業減益の理由をこう説明した。だが、それが主要因ではない。1~3月期の営業費用は13%増にとどまり、むしろ同社としてはかなり低い伸びだ。減益は売上高が7%増と20年ぶりの低さだったのが主因だ。かつてのように20~30%の増収なら楽々増益を達成していたはずだ。経済の正常化に伴って消費が旅行や外食などサービスに移り、追い風だった「巣ごもり消費」がやんだ。 (途中略)

その指摘は次の週に『アマゾン・ショック』というかたちで表面化して、「ND倍率」は4月25日週0.374倍へとさらに低下させた。同比率は2000年の『ITバブル』崩壊の時のようにここからさらに低下することが予想されるが、それは冒頭の記事にあるような巨人が『○○ショック』となって今後、さらに増えてくることを意味するのである。』と指摘した。

冒頭の記事にある『24日発表の6月の米消費者態度指数(確報値)は50.0と速報値(50.2)から下振れし、前月(58.4)から急低下した。統計開始以来で最低となった。』とあるが、以前にも紹介したように、T-Model分析では「米消費者態度指数とNYダウ(前年比)」の連動性が高く、過去最低まで落ち込んでいる『米消費者態度指数』は米株の将来に何を示唆しているのか?を考えるべきだろう。

2021/08/23『「世紀の空売り」対「ハイテク株の女王」』のT-Modelコラムでご紹介したマイケル・バーリ氏は『S&P500は、2009年の底は2002年の底の13%下で、2002年の底は1998年(LTCM危機)の底の17%下で、1975年の底は1970年の底の15%下。そのパターンが再現されると2020年を底と考えれば1800あたりまで下がる可能性があり、天井から指数が55%程度下落することになる。』と予測している。

バーリ氏は『今回の暴落はまだまだ始まったばかり』と6月の段階で述べているが、日本では唯一無二のT-Model分析『2つのバブル崩壊』という予測にかなり近い考え方ではないだろうか。バーリ氏も『2021年から株式暴落を予想』していた点は、拙書『暴落はまだ終わっていない!』のT-Model予測と共通している。御存知かもしれないが、バーリ氏は2001年と2008年の相場崩壊を予想し巨額の利益をあげ、ベストセラーとなった米作家マイケル・ルイス著のノンフィクション「世紀の空売り(The Big Short)」で取り上げられて一躍有名になった。日本でも「マネーショート」というタイトルの映画で放映されている。ちなみに、T-Modelコラムで紹介した「世紀の空売り」対「ハイテク株の女王」の結果はバーリ氏がキャッシーウッド氏を圧勝して終わっているが、次の興味は、現在3911のS&P500がバーリ氏が予測する1800にいつ到達するか?ではないだろうか。T-Model予測と一致するときがそれが現実化する瞬間ではないだろうか。

塚澤.comの会員向けサービス
会員向けサービス
会員向けサービス
Tsukazawa.com Premium Contents

塚澤.comの有料会員向けサービス(「今週のT2経済レポート」定期購読のお申し込み)では、T2レポートの配信の他にも様々な会員特典をご用意しております。

無料会員登録をしていただくと、一部会員向けコンテンツの閲覧やメルマガの購読をご利用いただけます。

セミナーのご案内

【受付終了】御礼:5月21日:「生活防衛の教室 2022春」 Webセミナー終了いたしました。

【受付終了】御礼:2月19日:「生活防衛の教室 2022年予測」 Webセミナー終了いたしました。

【受付終了】御礼:11月20日:「生活防衛の教室 第500回記念」 Webセミナー終了いたしました。

【受付終了】御礼:8月21日:「生活防衛の教室」Webセミナー終了いたしました。